ストーリー

ストーリー

「行くよ、アカコ」
「合点、ヒトミ」 

ヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)は、芸歴5年、何度も喧嘩別れをしては腐れ縁の恋人同士のようにヨリを戻す、27歳の女漫才師コンビ。人気も仕事もほとんどない二人は、アカコの幼馴染の自転車屋・蔵前(落合モトキ)と元いじめっ子の先輩で蕎麦屋の大島(荒井敦史)とツルんでは、ご近所の厄介ごとに首を突っ込んで、違う意味で慌ただしい日々を過ごしていた。そんな二人に、先輩芸人とのトラブルがきっかけで思わぬチャンスが舞い込んできた…。